413851

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
TALK TALK BOARD

1minako-太陽になった歌姫- (7) / 2今頃ですが。。 (1) / 3ファンの季節 (24) / 4第15回浜名湖の風コンサート  / 5お姉ちゃんデビュー記念日おめでとう (3) / 6笑顔  / 7朝霞の街  / 8NHK繝ゥ繧ク繧ェ  / 9夜明け  / 10「命をあげよう」と「夢やぶれて」 (4) / 11尼崎から  / 12久しぶりです  / 13無題 (11) / 14バレンタインデーと美奈子さん。  / 15朝霞も変わった。(物騒になった。) (3) / 16大統領就任式に、、、 (3) / 17明日24日火曜日夕方のラジオ (2) / 18主役決定 (4) / 19ミス・サイゴン大千秋楽 (2) / 20あけましておめでとうございます (7) /



◆ minako-太陽になった歌姫- 投稿者:ゆう  引用する 
昨日(5/17)より5/21まで「minako-太陽になった歌姫-」というタイトルで美奈子さんの半生を描いた舞台をしているそうです。
CGBKシブゲキというところらしいのですが、まだ一部チケットが残ってる感じでした。
田村芽実(たむらめいみ)さんという18歳の女の子が美奈子さんの役を演じるそうで、あの赤いドレスを着られるとか。
私は地方の人間なので行けませんが…
情報があったのでお知らせのみ。
詳しくは下記URLまで。
http://stage-minako.com/

2017/05/18(Thu) 17:49:32 [ No.8546 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:  引用する 
ここのサイトを見る人で観に行った人、観に行く人はいないのかな…?

2017/05/20(Sat) 18:49:56 [ No.8549 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:タイガーマスク☆ジュピター ホームページ  引用する 
↓から関連記事いくつか見れますよ。
https://follow.yahoo.co.jp/themes/0bbc384a6d09a1501342/
追加講演してほしいですね。

2017/05/22(Mon) 19:40:45 [ No.8551 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:まさみ  引用する 
ゆうさん「まだ一部チケットが残ってる感じでした。」ということでだめ元で会場に行ってみようとも思ったのですが、実は舞台より美奈子さんと共演された方や知人の方に会えないかとの興味がありました。美奈子さんの映像はたくさんあるのでそれらを自由に組み合わせれば自分だけの演出ができますし、こちらでこの公演のコメントが少ないのはチケットの入手難以外に私と同じ思いの方が多いためではと。もちろん今回の舞台に参加された皆様には感謝で7月17日に開催される田村、野沢さんのトークセッションには参加してお礼をお伝えしたいのですが、こちらも抽選ということでまた狭き門です。その前に申し込方法がわからない(笑)。今回の舞台の映像が発売されるようです。

2017/05/23(Tue) 10:59:02 [ No.8552 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:dipsy  引用する 
7月17日のイベントはホームページからの申し込みですよ
http://ps.ponycanyon.co.jp/stage-minako/ticket/
田村さんのファン向けのイベントのような感じですね

2017/05/23(Tue) 23:37:34 [ No.8554 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:まさみ  引用する 
dipsyさん お知らせありがとうございます。
抽選とあったので無料かと勘違いしてました。今更中年おじさんが田村さんとハイタッチでもないのでお二人へのお礼は別の機会にします。

2017/05/24(Wed) 09:51:16 [ No.8555 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:  引用する 
要するに誰もいないのね。

2017/06/03(Sat) 19:15:04 [ No.8556 ]
◇ Re: minako-太陽になった歌姫- 投稿者:まさみ  引用する 
紅さん 私が参加できなかったばかりに、、、と謝らなくてもいいのですが(笑)、今回は上演回数や会場の座席数の少なさ、そして一般発売の前にプレミア券発売、そして繋がったためしがない初日予約電話と4重苦だったため予想通り参加できませんでした。マリアさんのサイト http://8729.teacup.com/maria/bbs にひろさんが感想書かれています。知りたいことがあれば書き込みしたら詳細教えてくれると思います。 ブロードウェイでも新作は小劇場から始まるように再演はより大きな劇場、そしていずれ帝劇での公演を期待しています。

2017/06/06(Tue) 14:08:55 [ No.8558 ]

◆ 今頃ですが。。 投稿者:ふるよし  引用する 
Youtubeで、偶然本田美奈子さん映像拝見。
存命なら自分より3才上。
One way generation の世代のファンでした。
舞台、クラシックでの活躍は耳にしてましたが、
歌のソプラノボイスの綺麗さ、力強さ、あの細いからだから
どうしてこんな凄い声が出るのか、、
ただただ凄い、聴き入ってしまいました。
もう、他界されて十年近く経ちますが、岸谷五朗さんの弔辞
思い出します。
頑張りすぎてたのかな。。そんな気も。。
今さらではありますが、youtube で感化され、CD購入して
毎日聴いてます。
この歌声をもう生で聴けないのが、ただただ、惜しい。。

2017/05/16(Tue) 12:17:37 [ No.8542 ]
◇ Re: 今頃ですが。。 投稿者:まさみ  引用する 
ふるよしさん 帝劇のボイストレーナの方や声楽家の塩田美奈子さんが背筋が強いというような事を言われてました。岸谷さんの弔辞ですが、もしかして告別式に参加されましたか? 私も参加したのですが告別式で最も印象に残っているのは一般の記帳台の上のラジカセから流れていたCDにもある十二夜の「ララバイ」でした。また会場前にたくさんの親交のあった皆様の名札がありその中でコンサートで何度かピアノ伴奏された山田武彦さんもあり、美奈子さんが映像で「山田さんの伴奏はたいへん歌い易い」と言われてました。生ではもう聴けませんがTV放映された特集番組などたくさん残っているので機会があったらファンの方と親交を深めたりしてください。

2017/05/23(Tue) 12:14:31 [ No.8553 ]

◆ ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんにちわ。

私は2006年の3月に、美奈子さんのファンになりましたが、
同月には、上京して、広尾の美奈子さんの事務所を「眺めて」来ました。

私が夢の中で見た事務所は、白亜の殿堂といった風情のビルで、
壁面はレリーフで飾られていて、すぐ近くには、学校がある、というものでした。

実際には、それは、黒く光沢のある石で、壁が仕上げられていました。
学校については、少し離れていますが、女子大があったと記憶しています。

自宅に戻ると、ファンクラブから、案内の葉書が、届いていました。
「追悼展」というものでした。
確か、開催は4月の下旬頃であったと思いますが、
美奈子さんについて少しでも情報が欲しかったので、
会場となる「ゆめパレス」が、宝島のように感じられて、
絶対に参加することを、心の奥が、決めていました。

5月は、新緑が眩くて、自然の見せる若々しさと、活力に溢れた季節ですね。
美奈子さんは、この季節が、とてもお好きなのですね。
ライトグリーンの光が、山山を包んで、何かの始まりを告げる、序曲のようです。


ちばっちさん、こんにちわ。
阿蘇を、訪れることが出来て、良かったですね。

私がファンになって間もない、その頃は、
山を見れば、みんな阿蘇に見えてしまうのでした。

雄大な自然の中に入って、行くと、
心が、自然の大きさにまで、拡がっていく感じが、あって、
それは、とても心地良いものです。

2017/05/15(Mon) 21:01:30 [ No.8541 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんにちわ。

私が、ファンになった時に、美奈子さんのどの曲に心を動かされたのか、
それは、はっきりとは憶えていません。

美奈子さんに、心を動かされていた、ある日のことでしたが。。
他の歌い手のCDを購入するときに、美奈子さんのCDが目に留まって、
聴いてみたくなって。。

それが、美奈子さんの曲、その歌声を、しっかりと聴いた、いちばん最初の記憶に、なりますね。

2017/05/17(Wed) 09:31:45 [ No.8544 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんにちわ。

初めて購入した美奈子さんのCDは、クラシカル・クロスオーバーではなく、J−POP、
つまり、アイドル期と云われる、それは美奈子さんが、とてもお元気だった頃の作品が収められた、アルバムでした。
今は、30代の美奈子さんでも、心に描くことは自然に出来ますが、
私が、ずっと以前にテレビで見た記憶がある美奈子さんは
実は、デビュー間もないころの映像であったことが、今なら良く判ります。

第一番目に聴いた曲は、「殺意のバカンス」でした。
美奈子さんの曲の特徴は、強いビート感があって、サスペンスが、漂うという、
それは、アイドルの持ち歌には適さない個性を持つものが、多いように感じられます。
アイドルには、もっとフンワカとした、緊張感の反対側に、ファンの気分を誘う曲が、適していると思います。
そして、充実した歌唱力が無ければ、簡単に息が上がってしまいそうな曲が、多いですね。
美奈子さんは、特別に肺活量があるとは見えませんので、息の効率的な使い方が、卓越していたのでしょう。
そして、ブレスのスピードも、優れて速かったと云われます。

ところで、美奈子さんの歌声は、とてもドラマティックな表情を湛えていると感じます。
それは、ミュージカルには、良くマッチする、と思います。
そして、声そのものにドラマティックな表情がありますから、
舞台では、その部分は強調せずに、素直に歌い上げるのが、良いと思います。

2017/05/17(Wed) 23:39:11 [ No.8545 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

今でも、そう、ですが。。

私は、美奈子さんを、女性としてではなく、
「スター」として、リスペクトしています。

それは、可愛いとか、プロポーションがいいとか、歌が上手だとか、
ポーズの取り方が上手い、とか、小顔でいい、とか、ファンをとても大切にされている、とか、
自分には、天使と悪魔があるけれど、「天使でありたい」等の人間性も含めて、
その全てが、スターとしての魅力になっているわけです。
特に、美奈子さんの集中力の強さと、思い切りの良さには、
とても羨ましかった記憶が、あります。。

ですから、私が、美奈子さんの歌声を聴く前に、
すでにファンになっていたのは、不思議な事ではないですね。

2017/05/18(Thu) 22:20:48 [ No.8547 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

美奈子さんは、立ち姿が、美しい方ですね。
きりっとした雰囲気がいいです。
全身からパッションが、伝わってくるようです。

そして、
私のいちばん好きなもの。。
それは、美奈子さんの瞳です。
真っすぐに、何かを見つめる、その瞳が、私を魅了して止みません。

2017/05/19(Fri) 20:49:02 [ No.8548 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

美奈子さんは、守りに入ることを、嫌う方ですね。

「守りに入る」それは、リスクを恐れるため、挑戦を拒んでしまう、ということですよね。

あるいは、大きな成果が期待できる事でも、リスクの大きい挑戦は、避けて、
他の、もっとリスクの小さい、リターンも小さい、安全で、簡単で、確実に出来ることを、選んでしまう、ということだと思います。
それは、過去の栄光に、安住したいという。。。

でも、美奈子さんは、「守りに入るのは絶対に嫌だ」と。。

ところで、昨日と今日、2日連続で、
ボクシングの世界タイトルマッチが、テレビで放送されましたね。

私は、特に、日本人としては、久々のミドル級への挑戦となる、村田諒太選手に、関心がありました。

しかし、残念なことに、2度のダウンを奪いながら、判定の結果、
チャンピオンベルトが、彼のもとへ移動する夢は、叶えられませんでした。
一説では、チャレンジャーサイドが、ポイント差が開いていた、という認識から、
あえてノックアウト勝利を目指さない、という試合展開が、ポイントに、影響を与えた可能性を、指摘しています。

村田諒太選手に、その時、まだ充分に、体力が残っていたのでしょうか。
そして、「手数」がもっと多ければ、果たして、
判定は、村田選手に有利なものと、なっていたのでしょうか。

それは、誰にも、判らないことですね。

2017/05/21(Sun) 23:17:08 [ No.8550 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

今、美奈子さんのアルバム「AVE MARIA」を聴いています。

でも、聴いているのは、ただ一曲、「アヴェ・マリア」です。
CDプレイヤーで、リピートさせて、何度も何度も聴いています。

このアルバムは、美奈子さんが、クラシカル・クロスオーバーに挑戦され、
初めて摘み取られた果実となるものですね。

「アヴェ・マリア」は、収録されている曲の中でも、
とりわけ素晴らしい表情を持っていて、見事な出来栄えだと感じます。
アルバムのタイトルに相応しい、作品です。

ところで、美奈子さんは、
この、(カッチーニの)アヴェ・マリアを、ご自分で選ばれたのでしょうか。。

他にも、数多くの「アヴェ・マリア」が、ありますが、
この曲は、不思議なニュアンスを持っていると思います。

美しく、優しい表情に、
寂しさのような、また悲しみのようにも、うかがえる、愁いをたたえて。。
そこには、絶えず緊張感を生み出す、張りつめた心の動きが、感じられます。

2017/06/05(Mon) 21:28:38 [ No.8557 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

私は「カッチーニのアヴェ・マリア」ほど美しい曲は、他にないのでは、と思っています。
しかも、歌い手に力があれば、限りなく、秘められた美しさを、汲み出すことが出来る作品のように、思われます。
でも、その美しさを表現できる歌い手は、世界の中でも、20人ほどではないか。。
本田美奈子、ジャッキー・エヴァンコ、スラヴァ、イネッサ・ガランテ。。。。。
というのが、私の感想です。

美奈子さんの表現には、だれも気付かなかった表情が、ありますね。
しかも、それは自然な表現に依るもので、過剰に装飾的ではないのが、私の好みです。

この曲は、歌い出しから、どの部分にも、限りない美しさが、あると思います。
でも、他の曲のことは、解りませんが、カッチーニを聴くと、その歌い手の感性、人間性、といったものが、露わになってしまうように感じられて、
それは、とても不思議なことです。

2017/06/06(Tue) 23:41:19 [ No.8559 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

モータースポーツの世界では、特定の車種のみでレースを行うという、
「ワンメイクレース」が、ありますね。

それは、ドライバーの実力が、
レースの結果を決めてしまう、ということになるわけですが、
車の性能ではなく、「本当に速いのは、誰だ???」、という、
ファンの素朴な疑問に、応えるものとして、価値があると思います。

いろんな歌い手が「カッチーニのアヴェ・マリア」に挑戦することは、
ワンメイクレースに近いものが、ありますね。

でも、他の曲を歌うときには、優れて美しい表現が魅力的な方でも、
カッチーニの表現には、何故か、精彩を欠いているような、
納得できない印象を持つことが、多いです。
それは、一つには、私の個人的な好みの問題が、あると思いますが。。

カッチーニは、やはり難曲なのでしょうね。
難曲だから好きなのでは、ないですけれども。
今は、この曲が心に響いてきます。

カッチーニのアヴェ・マリアには、凄いパッションを感じますが、
美奈子さんの優しく深い響きの歌声が、何かを訴えかけてくるようです。

2017/06/07(Wed) 22:27:49 [ No.8560 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

「カッチーニのアヴェ・マリア」は、品格があって、それなのに素朴で、
そして比類なき美しさを持つ、作品だと思います。

でも、動画では、大幅にアレンジされているケースがあって、
それは、一つの作品としては、成立するのでしょうけれども、
「カッチーニじゃない。。。」というのが、私の感想です。

カッチーニは、「静かに始まって、静かに終わる」というのが、私の(あくまでも)好みです。
美奈子さんの作品は、私がイメージするカッチーニのスタイルを、持っています。

ところで、今、この時に、何故カッチーニのアヴェ・マリアが、心に響いてくるのでしょうか。。
その理由は、いくつか挙げられますが、
単純に述べれば、それは、未来を案じる感情が、曲の中に希望の光を感じ取っていたのかも、しれません。
言い換えれば、現在を憂う思いが、カッチーニのアヴェ・マリア、その中に、希望の光を、探し当てたのでしょう。


カッチーニのアヴェ・マリアは、謎めいた曲として知られています。
1970年代に、旧ソヴィエト連邦の音楽家であった、
ウラディーミル・ヒョードロビッチ・ヴァヴィロフによるものとされていますが、
原典による証明がなされないまま、現在に至っているようです。
例えようもなく美しく、そして、凄い緊迫感を持った曲ですが、
歌詞が無いために、情感的な部分に不明瞭さが、あります。
それは、人に依って、印象が全く違ったものに、なるかもしれません。

美奈子さんの歌声を聴いていると、
この曲に秘められた、希望の光を求める強い思いが、伝わってくるようです。

2017/06/09(Fri) 00:53:30 [ No.8561 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:まさみ  引用する 
シャイニンさん カッチーニのアヴェマリアはヴォカリーズで歌詞の意味を気にしないで聴けるので歌手の力量が出ますね。
たくさんあるアヴェマリアで確かにカッチーニ版は人気の上位にあると思います。美奈子さんがカッチーニを選んだ理由はコロムビアの岡野博行氏にブログで聞けば教えてくれるかもです。私の勝手な想像ですがクラシカルクロスオーバーという新たな世界に挑戦するにあたり美奈子さんは有名曲に歌詞を付けることに遠慮もあり歌詞なしの曲を最初に選んだのかも知れません。その後の曲は「これが私のクラシックへの挑戦よ!」という思いもあったのでは。
ちなみに私の最も好きなアヴェマリアはマスカーニ版です。編曲されたものですがYuccaさんや増田いずみさんなどが歌っていますが、どちらも高揚感があり好きです。ネットで探して聴いてみてください。

2017/06/09(Fri) 17:16:09 [ No.8562 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
まさみさん
マスカーニのアヴェ・マリア、私も好きです。
でも、どの歌い手の表現が、より素晴らしいのか。。といったことが、私には、判りません。

カッチーニのアヴェ・マリアなら、簡単に聞き分けられるのですが、不思議です。
カッチーニのアヴェ・マリアには、歌詞がありません。
ということは、その曲のテーマが解らないわけですから、人それぞれに、解釈が違ってくると思います。
それは、歌い手の感性で、つくり上げる以外に、ありませんね。

美奈子さんは、歌い出す前に、必ず、その曲のイメージを確立させてから、歌われていらした、と云われていますね。

美奈子さんのカッチーニのアヴェ・マリアは、私の好みのスタイルを、持っています。
それは、あくまでも、個人的な好みの問題でしかないのかもしれませんが。。
ただ、高名な歌い手であっても、たとえ無名の歌い手でも、
カッチーニのアヴェ・マリアを美しく歌われる方には、敬意を懐くばかりです。

歌詞を持たないカッチーニのアヴェ・マリアは、
とりわけ歌い手が、感性を研ぎ澄ませて、創り上げなければ、
平板な表現に終わってしまうのでは。。と感じます。

カッチーニのアヴェ・マリアに人気があるのは、
その謎めいたプロフィールに因るのではなくて、比類なき美しさに由るものでしょう。

もしも、カッチーニのアヴェ・マリアに歌詞があったなら、岩谷時子先生は、日本語の歌詞をつくられたことでしょうね。。
他のアヴェ・マリアなら、可能性は、充分にあったわけですが。。

美奈子さんは、カッチーニのアヴェ・マリアがお好きだったのでしょう。
それは、最も手強いアヴェ・マリアだったと思いますが。。

2017/06/10(Sat) 21:55:32 [ No.8563 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

カッチーニのアヴェ・マリアの美しさが、永遠のものなら、
美奈子さんの表現、その歌声もまた、永遠に美しくあるのですね。

美奈子さんの歌声を繰り返し聴いていると、
この曲が、何かを肯定しているニュアンスが、伝わってきます。
決して、否定的な表情では、ないですね。

そこには、何か、大いなる試練を乗り越えた人の感情のような、
独特な安堵感、安らぎが、あると思います。

もしかしたら、カッチーニのアヴェ・マリアは、
その背景に、何か大きなドラマを秘めているのかも、しれません。。

2017/06/12(Mon) 00:10:35 [ No.8564 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

カッチーニのアヴェ・マリアは、原典が発見されていませんが、
親しみのある、そのスタイルも、すでに何らかの編曲の手が加えられている、という説も、あるようです。

でも、初めに聴いたそのスタイルを、私は美しいと感じて、それを、カッチーニと受け止めていますから、
大幅にアレンジされたものは、「カッチーニではない」、という印象になってしまいます。

それは、何が正しいカッチーニのアヴェ・マリアか。。ではなく、
私の個人的な好みが持つ、避けられない性質なのかも、しれません。

もしも、そうだとしたら、私が愛するカッチーニのアヴェ・マリアは、
この曲の多くのスタイルの中の一つに過ぎないのでしょうか。。

たとえそうであったとしても、私の好みが変わる、ということは、ないでしょうね。
でも、私の好みのスタイルも、決して、少数派ではないようですから、
やはり、カッチーニのアヴェ・マリアの美しさには、普遍性が、あるのでしょう。

ところで、20世紀最高のディーヴァと云われた、
マリア・カラスのカッチーニのアヴェ・マリアを、聴いてみたかったですね。。
でも、残念ながら、この曲が発表された頃と、彼女が活躍していた時期が、
オーバーラップしていなかったようです。。
日本の歌い手では、幸田浩子さんの作品も、聴いてみたいと思っています。

美奈子さんは、今年が生誕50周年ですが、お元気でいらしたなら、
私は、きっと、カッチーニのアヴェ・マリアをリクエストさせていただきたい、と思います。

    それは、美奈子さんの表現力が、どこまで深化していることでしょう。
    それは、どんな新しい美しさを、きっと、見つけてくださることでしょう。

2017/06/12(Mon) 23:35:21 [ No.8565 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

幸田浩子さんのカッチーニのアヴェ・マリアを聴きたくて、
アルバム「カリヨン」を聴いてみましたが、めったに聴くことが無いほどの、
スローテンポのカッチーニでした。

カッチーニのアヴェ・マリアは、スローであるほど、歌い手には「キツイ」と思います。

歌声は、綺麗で、底力もあると思いますが、
「悲しみ」のようなニュアンスが、薄い、という印象でした。
何か、表情の動きが、少ないようですが、
それは、細かく変化させている、ということかも、しれません。

カッチーニのアヴェ・マリアは、長調と短調が、混在している曲のようです。
それで、歓びが、悲しみに、くまどられているような、ニュアンスを醸し出しているのでしょうか。。

美奈子さんの表現が好きですが、それは、私の好みに、
美奈子さんの表現が、合致しているという事に、なると思います。

美奈子さんが歌っているから、その曲が好きになった。。
という場合も、あるでしょうね。
でも、カッチーニのアヴェ・マリアについては、私は、好みが先ですね。

美奈子さんは、やはり、素晴らしい、と思います。
優れた歌い手には、解るのでは、ないでしょうか。
特に、カッチーニのアヴェ・マリアを、実際に歌われた方なら、良く解ると思います。

美奈子さんの才能と努力の賜物ですね。
でも、歌声そのものは、可愛らしい成分が、含まれていて、
なかなか、個性的ですよね。

カッチーニのアヴェ・マリアを歌うには、どんな要素が重要になるのでしょうか。。

一つには、「リズム感」では、ないでしょうか。
リズムは、音楽では、一番目に来る要素ですが、極端に言えば、
「音楽の魅力は、リズム感にある」のでは、ないでしょうか。

カッチーニのアヴェ・マリアで、素晴らしい表現に出会えた時に感じることは、
美しく静かな曲のはずなのに、何故か、とても、心がゆさぶられるものが、あって、
それは、緩急と強弱の変化が、卓越したリズム感によって、生み出され、
生命感が溢れる演奏に、なっているのでしょう。

2017/06/15(Thu) 00:44:10 [ No.8566 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:まさみ  引用する 
シャイニンさん  幸田さんは人気、実力があり芸大主席卒業なので名目では日本で最も上手な方の一人なので技術的には美奈子さんも敵わないでしょう。シャイニンさんが美奈子さんと比較しているのはもちろん技術の話ではないのはわかります。CD カリヨンの中ではたくさんのアヴェマリアを歌っていますね。このCDの中ではタイトルのカリヨンが私は一番気に入ってます。幸田さんの春のコンサートでアンコールで久しぶりに聴きました。話題を美奈子さんに戻しますが、先週 帝劇でレ・ミゼラブルを見たのですが、日本初演30周年ということでロビーに過去の出演者の写真がモザイク状に貼った展示板があります。そこに近づいた時に偶然ある女性が「本田美奈子よ」と言ったので思わずどこですかと聞き返したのですが、「本田美奈子のファンなのね」と言われたので嬉しくなりました。ところが当日は帝劇の2階はほぼ高校生が占めており、開演前の騒々しさはたいへんなものでエポニーヌを思い出す環境ではなかったのですが、終演後は多くの高校生が立ち上がり拍手大喝采でした。作品のすばらしさが若い人達に感動を与えたようでよかったです。話題をまた代えますが、先週のTVの題名のない音楽会のテーマがカンタービレ(のだめが有名ですね)で楽器を歌うように演奏するというものでした。私は楽器演奏だけのコンサートにはお金を出してまで行きたくないのですが、上で書いたひろさんが以前「楽器演奏に歌が入ると集中できない」というようなことをMFWに書かれたことがあります。(ひろさんは美奈子さんの一級のファンなので日本語詞を付けて歌うクロスオーバーに否定的ではもちろんないです) 楽器演奏者は譜面 + その曲の背景など考えながら演奏されるようで、聴く側も自由に想像して聴けるのに対し歌詞が入ると聴く側の想像力が制限されるわけですが、今回のカンタービレの番組の楽器を歌うように演奏するという話は目から鱗でした。これは音楽と文学に関係する深い話題ですね。

2017/06/15(Thu) 11:08:58 [ No.8567 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
まさみさん

美奈子さんのアルバム「AVE MARIA」で、私が一番好きなアヴェ・マリアが、
「カッチーニのアヴェ・マリア」という名の曲であることを、初めて知ったように記憶しています。

その後に、スラヴァのアルバム「アヴェ・マリア」で、多くの作曲家が、
それぞれに個性あるアヴェ・マリアを、作曲していることを知りました。

美奈子さんのスタイルは、私が好きなスタイル、表現の中に、入っていましたので、
それは、良かったと思います。

もしも、美奈子さんの歌われるカッチーニのアヴェ・マリアが、私の好みに合っていなければ。。。
と振り返って思えば、それは、大変なことに、なっていたと感じます。

何とはなしに、アルバムを聴いていましたが。。

カッチーニのアヴェ・マリアが、そのような影響力を持つのは、私にだけ、かもしれませんが。

2017/06/16(Fri) 11:26:23 [ No.8568 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

アヴェ・マリアという名の曲は、その多くが、歌詞をあたえられていて、
その内容は、先ず、
1.聖母マリアの賛嘆から始まって、
2.お願いごとを訴える。。
  というパターンが、多いようです。

でも、カッチーニのアヴェ・マリアは、歌詞がありません。
歌詞が無いと、曲のイメージが掴めないですよね。。

人それぞれに、自分のイメージで歌う以外に、方法が無いわけですが、
美奈子さんは、どの様な印象をこの曲から受け取っていたのでしょうか。。

私も、歌詞を作ってみようと思いましたが、出来が良くなくて、止めました。

マスカーニの作品では、歌詞の内容のほとんどが、「お願い」で、埋め尽くされているので、
あるいは、この作品が手掛かりに、なるかもしれません。
それは、聖母マリアへの簡単な挨拶の後は、全てが「私」についてのお願いに、なっているのです。

自分は捨てて、誰かのために。。といったものではないのですね。。
何か、聖母マリアに対する言葉としては、相応しくない印象も、ありますね。

メロディーラインは、美しいのですが。。。むしろ歌詞の意味が解らないほうが、良いと思います。

それは、アヴェ・マリアだけが歌詞と言える、カッチーニのアヴェ・マリアの方が、良いですね。

ところで、美奈子さんが確定されたイメージとは。。
それは、CDを聴く以外に、無いでしょうね。

2017/06/17(Sat) 22:26:52 [ No.8569 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:まさみ  引用する 
先日日本語上演のプッチーニのラボエームに行ったのですが聴きなれたイタリア語上演と違い違和感(日本語は字余りになり演奏との一体感がない)があったのですが音楽と文学(歌詞の意味)について再度目から鱗だったので報告します。歌詞のない演奏は聴かないといいながら今回の日本語上演で歌詞を言葉として聴いてるのでなく楽器演奏と一体で聴いていることに気が付いたわけです。つまりストーリが頭にあるのが前提ですが歌詞の意味はどうでも良いということです。日本語に限らず、ドイツ語、英語も楽器との一体化は困難です。フランス語、スペイン語は及第点でよく言われる東北弁も及第点に近いかもです。美奈子さんとどういう関係があるのと言われそうですが、もちろん歌詞なしのヴォカリーズや有名楽曲に歌詞を付けるクロスオーバーと関係があります。最近美奈子さんの歌は聴いてないので演奏と歌が一体かどうかという点も考えて聴いてみたいと思います。

2017/06/20(Tue) 21:08:04 [ No.8570 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:てんけい ホームページ  引用する 
みなさん、どうもです。
シャイニンさんへ 
美奈子さんによるカッチーニの「アヴェ・マリア」はおっしゃるように、
最高峰に入りますね。
“ファンだからねー”と言われそうですが、やはり聴き飽きることがないのです。

まさみさんへ 
>歌詞を言葉として聴いてるのでなく楽器演奏と一体で聴いている
最近、「声とからだ」とか、脳生理学云々で、ミュージカルのブログは
小休止状態でありまして(苦笑)----
脳科学者によると、ヒトの大脳の左脳と右脳が、各々「言語脳」と「音楽脳」に
対応しているそうです。
ただ、認知症で言葉が不自由になった方が、童謡等を歌詞を付けて歌った、という
事例がよくあることを考えれば、「歌」における「歌詞」は、音楽脳の方で処理している
のかもしれません。
今回のまさみさんのお話しは、まさに、そのことだったのかも、と思いました。

2017/06/21(Wed) 06:12:44 [ No.8571 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:まさみ  引用する 
こんにちは シャイニンさんが上で書かれた「歌詞の意味が解らないほうが、良い」は私の「楽器演奏と一体で聴いている」と同じ意味でまたてんけいさんの音楽脳とも類似ですね。歌声付演奏を聴く時に左右脳のどちら側をより多く使うかということで印象が違ってくるのでしょう。また認知症の方の例と同様のことを以前LFL音楽彩で湯川礼子さんが音楽の癒し効果について言われてました。音楽は理屈(言葉)でないということですが、最近のミュージカル人気は音楽とストーリを同時に楽しみたいということですね。そろそろミュージカル通のたぼさんやひろさんの意見も聞きたくなりましたね。

2017/06/21(Wed) 13:04:27 [ No.8572 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんばんわ。

今日は、美奈子さん、幸田浩子さん、中丸三千繪さんのアヴェ・マリアを、
そして、音楽彩に出演されている、柴田智子さんのアルバムを、聴いています。

柴田智子さんのアヴェ・マリアも、聴いてみたいですね。

彼女の、純度が高く量感と力感のある歌声で、カッチーニを聴いてみたいと思いますが、
リクエストは、できるのでしょうかね。。

2017/06/22(Thu) 23:53:03 [ No.8573 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:まさみ  引用する 
シャイニンさん 以前柴田さんのコンサートやブログで音楽彩へのお礼を伝えたことがあるのでブログでリクエストしたらコンサートで歌ってくれるかもです。
ところで昨夜の豊田真由子議員の秘書暴行のニュースは驚きました。というのもこちらで紹介しましたが昨年12月の朝霞ジャズコンサートで来賓として挨拶された豊田氏に記念館建設のお願いをしていたからです。美奈子さんも朝霞市民として困惑しているのではと思いながら週刊誌情報(売りたいための誇張が多分にある)ということで以下は皆さんの批判を承知で書きます。ニュースでは豊田氏の秘書への罵詈雑言の録音が流されてTVを見た人は当然とんでもないと思ったでしょう。都議選への影響から自民党はすばやく豊田氏に離党勧告したようです。秘書の方への暴力は論外ですが、どの程度か、秘書の方から告発されたのか、一般社会では上司と部下の関係などで罵詈雑言も付き合いや仕事の内でしょう。豊田氏は来賓の挨拶でジャズの街の朝霞市民の前で音楽は人生を豊かにすると熱く語られましたが、表と裏があるのが大人の社会です。豊田氏は当選2回で文科省兼内閣府の復興政務官の肩書きで将来美奈子記念館が実現したかも知れず残念です。

2017/06/23(Fri) 10:00:27 [ No.8574 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
まさみさん
柴田智子さんのリクエストの件ですが、ブログがお休みでしたので、「L F L 」へお願いしてみました。
ご案内ありがとうございます。

柴田智子さんは、ミュージカルにも挑戦されているのですね。
私がミュージカルに魅かれたきっかけは、2007年に行われた、美奈子さんの追悼会で、
ミュージカルのお仲間が、歌ってくださった、その歌声に、憧れが芽生えた時からです。

観客に対して、訴えかけるようなスタイルの、その歌声に、私は魅了されていました。

「十二夜」の「ララバイ」を初めて聴いたときには、
「私は、こういう曲が、聴きたかったのだ。。」という思いでした。

ミュージカルの歌声には、訴えかけるような表情があって、それは、正に、カンタービレ(表情豊かに。。)ですね。

カッチーニのアヴェ・マリアも、歌詞が無いので、
歌い手が感性を強く働かせて、表情を作り上げなければ、なりませんね。
それも、カンタービレでしょうか。

でも、その時に、歌声をもって訴えかける相手は、
聴衆ではなく、聖母マリアなのかも、しれません。。

2017/06/23(Fri) 21:04:26 [ No.8575 ]
◇ Re: ファンの季節 投稿者:シャイニン  引用する 
みなさん、こんにちわ。

美奈子さんの歌声には、強い浸透力が、ありますね。

カッチーニのアヴェ・マリアを美しく表現して、
聴く度に、新鮮な感動を与えてくれる歌声には、
不思議な浸透力があると感じます。

それは、技術に依るものでしょうか。。
優れた感性と、その感覚を現実の歌声に反映させうる、
確かな歌唱力が、必要なはずですね。

余談ですが、ステレオのアンプにも、音楽を表情豊かに再生するものと、
音そのものは綺麗なのに、音楽が聞こえてこない。。というものが、あります。
アンプの設計者は、音楽に対する関心の高い方が、より良い作品を送り出しているようですが。。

美奈子さんの場合は、曲のどんな要素に、フォーカスを合わせているのでしょうか。。

今日は、美奈子さんが目標とされた、越路吹雪さんを聴いています。
越路吹雪さんの歌声にも、個性の輝く強い浸透力が、ありますね。

2017/06/27(Tue) 14:29:39 [ No.8576 ]

◆ 第15回浜名湖の風コンサート 投稿者:高見比郎之  引用する 
浜名湖花博の屋外ステージで多くの観客を魅了した美奈子コンサート思い出深い会場で最後のコンサート美奈子パネル展を4月30日10:00より開催します。無料です大テントの1000席は飲食OKなのでザブトン持参で美奈子の曲の応援願います。

2017/04/21(Fri) 07:19:31 [ No.8538 ]

◆ お姉ちゃんデビュー記念日おめでとう 投稿者:Riccoです(^^)  引用する 
皆さんいつもお姉ちゃんを思って下さり本当にありがとうございます(^.^)いつもいつも感謝しております(^.^)
これからも宜しくお願いします(^.^)

2017/04/20(Thu) 17:03:32 [ No.8535 ]
◇ Re: お姉ちゃんデビュー記念日おめでとう 投稿者:シャイニン  引用する 
本田美奈子さん

デビュー32周年、おめでとうございます。


演歌、ポップス、ロック、クラシック、そしてジャズ。

ジャンルを超えた表現力を、掌に収められた美奈子さんは、たぐいまれな「オールラウンド・プレーヤー」ですね。

美奈子さんにリクエストしたい曲があります。
それは、「カッチーニのアヴェ・マリア」です。

美奈子さんが、円熟を極めた表現力で歌い上げるカッチーニを、聴いてみたい、と思います。

2017/04/20(Thu) 19:14:12 [ No.8536 ]
◇ Re: お姉ちゃんデビュー記念日おめでとう 投稿者:ちばっち  引用する 
美奈子さん、高杉社長さまをはじめ事務所のみなさま、お母さま、Riccoさん、シャイニンさん、みなさん、こんばんは&ご無沙汰しております。

遅くなってしまいましたが、美奈子さん! デビュー32周年、おめでとうございます!

昨年末〜3月上旬にかけて、お仕事が立て込み、もうダメ〜! と思った時、美奈子さんのお歌を聴き、心が落ち着くのとともに、何度も何度も励まされ、
おかげさまで、3月5日にお仕事を仕上げることができました。
あれっ? どこかでこの日付が見たことが・・・とぼんやり思いつつ、無事にお仕事が完成したお礼を、美奈子さん記念碑にご報告に上がったところ・・・
美奈子さんが書かれた 「笑顔」 の詩を書かれた日付が3月5日で・・・びっくりするのとともに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

その後・・・たった2日間だったのですが、4月上旬、ふとしたこと(飛行機のたまったマイルで、どこに行けるか選択できない候補地4か所のうち、熊本が当選した)で、
思いがけず、生まれて初めて南九州3県に行くことができ・・・
行程上、行くことが不可能と思っていたのですが、美奈子さんゆかりの、熊本の阿蘇ファームランドに行くことができました。
美奈子さんが 「つばさ」や「Shining eyes」 を歌われ、Riccoさんも立たれたステージは、いまは阿蘇ファームランド内の焼肉サンサンとなり、
震災の影響で、そのお店も営業休止。周囲にはかまくら風のドーム型宿泊施設が何十軒も立ち並び、広々とした雰囲気ではなくなっておりました。
熊本・阿蘇周辺は随所に傷跡を残していたのですが、服部先生の演奏に合わせて気持ちよく歌われている美奈子さんのお姿を思い出し、
レンタカーの車内で、美奈子さんのお歌を聴き、うっとりとしてしまいました。

やはり、どんな逆境にあっても、忙しくても、夢や希望を持ち続け、「前進あるのみ」 でありつつ、
「ありがとう」「心を込めて・・・」 の気持ち・・・当たり前のことかもしれないものの、日々の生活で忘れがちなことを、
美奈子さんのお背中を見て、わが身を振り返り、日々の生活に生かせていただいております。

これからもず〜っと、美奈子さんファンの末席として、応援し続けたいと思っております。

ついつい久しぶりで・・・長くなってしまいましたが・・・改めまして、美奈子さん、デビュー32周年おめでとうございます!

2017/04/20(Thu) 23:37:44 [ No.8537 ]
◇ Re: お姉ちゃんデビュー記念日おめでとう 投稿者:キティ  引用する 
美奈子さん、ボス、お母さま、
R i c c k oさん、こんにちは(^_^)v

1日遅れてすみません、
美奈子さんデビュー 32周年 おめでとうございます 昨日は、急に朝霞で友達と会うことなって、そのとき記念碑寄らせてもらいました。
お花がキレイでした(^_^)v
イベントで会えるの楽しみしています。

2017/04/21(Fri) 12:45:00 [ No.8539 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -